スポンサーサイト

--.--.--(--) | EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

--:-- | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑

今年も一緒に越せる筈の気持ちだった瑠璃さん

2010.11.14(Sun) | EDIT

瑠璃さん、有難う

IMGP0441_convert_20101114000140.jpg

先日、生前最後の写真となったおつむの写真をアップさせて頂いた、
母の元で暮らす、19歳の瑠璃さんが命を全うしました。
不動院の仏様の写真をアップした日でした。
仏様の蓮の葉の上が彼女に用意されたかのようなお別れでした。
始めて会った時の記憶から強烈だった彼女。
(「わたくしを抱くでない」と腕を突っ張ってくれた天使でした。とほほ)
今しばし、黒澤明「影武者」のごとく、逝去を秘し、
別れを惜しみたい・・・と思ったのですが、諸事情により、
本日の記録に残すこととなりました。


     螂ウ邇祇convert_20101114000258

ミーコさん、ノンノンさん、リンリンさん、ミンミンさん、ふじこちゃん
うちの歴代の家族達と一緒にお休みされています。
「形」は失われても、君達の存在に変わりはない気がする。
生まれて来てくれて、うちに来てくれて有難う。
スポンサーサイト

コメント

suiren #-

ブログをお休みする日なんてなかったのに、お休みされていたのでどうしたのだろうって思っていました。
悲しいお別れがあったのですね。
でも、姿はなくなれども、存在が消えたわけではないと思います。
実家の愛(猫)が亡くなったあとの数ヶ月の間、何度か実家で愛の気配を感じたことがあります。
(姿が見えたことも・・・でもそれは錯覚かも?!)
母も「愛ちゃんがまだいるようだ」って当時言ってました。
亡くなったらそれで終わりではないと信じています。

2010.11.14(Sun) 10:24 | URL | EDIT

ねこ #-

今年は 季節が厳しかったから 特に老猫 病気猫には きつかったですよね。
瑠璃さん19歳ですか。
私も、いつも 思います 、出会えて良かった~ありがとう て感謝してます(猫たちは どう思ってるかは無視?)

2010.11.14(Sun) 11:04 | URL | EDIT

只野緑 #-

suirenさま

有難うございます。
「死別」という事に、馴れることはないけれど、自分の中で、それがどういうものか、だんだんと形作られてきていると思います。自分もそのうちそっち側に入るから、命ある一瞬に一緒に過ごせた事を感謝・・・という感じでしょうか。
でもやはり、その時を迎えた時は、色々な想いが混然として、きちんと文章にとか、難しいですね。(いやまあ、時間をかけても文章力はアップしないんですけど)
今、うちにいる3にゃん、「ああ、私、こういうの苦手だわ」と言いつつ、皇太后が見守ってくれるのを期待します。

2010.11.14(Sun) 11:21 | URL | EDIT

只野緑 #-

ねこさま

そう、昨冬から、冬が季節を超えるの、とても厳しいですね、確かに。
昨年は友人のお父さま・お母さまのご葬儀に伺う事も続きました。一度も実際にはお会い出来なかった方でも「彼女を生んで下さって有難う」と、素直に感謝の気持ちでお別れが言えるのを感じます。

にゃんSたち・・・出来る範囲の事しか出来ないけど、うちで出来る範囲では、幸せになって欲しいです。
瑠璃ちゃんも、彼女からいっぱい幸せを貰いました。
「有難う!本当にお疲れさま」の気持ちです。

2010.11.14(Sun) 11:31 | URL | EDIT

リーナ #-

そうでしたか・・・
神々しい御姿、もう会えないのが淋しいです。
でも、上の世界にお帰りになられたのですね・・・
お役目を果たされたのだと思います。感謝感謝ですね・・・

2010.11.14(Sun) 14:34 | URL | EDIT

shi-ko #JuZNMMmc

いつも気高く凛として、綺麗だった瑠璃さん。
会ったことのない私ですが、
瑠璃さんとたまにお写真で会えたり、
緑さんからお話で聞くのを楽しみにしていました。

今までもこれからも、
変わらず皆の心に居て、愛されていくと信じています。
ありがとう、皇太后瑠璃さん。

2010.11.14(Sun) 21:20 | URL | EDIT

flanmama #-

瑠璃さん・・・きれいなチンチラさん・・
19歳ですか・・年に不足はないのかも知れませんが
それでもまだまだ一緒にいたかったと言うのが本音ですね。
私も16歳で見送ったチンチラさんが恋しくて
今でも胸が切ないです。
いつかまた会える・・・そう信じています。


瑠璃さん、緑さんにいっぱいの幸せをくれたのですね
ありがとうの気持ち、共感しています。

2010.11.14(Sun) 21:33 | URL | EDIT

只野緑 #-

リーナさま

本当に、ものすごく頑張ってお役目果たしてくれたと思います。うん、確かに彼女の場合、あちらへは「帰る」という表現、ぴったりかもしれませんね。
紆余曲折のにゃん生、見事に全うして下さった瑠璃さんに、感謝でいっぱいです。

2010.11.14(Sun) 23:41 | URL | EDIT

只野緑 #-

shi-koさま

緑も謁見の場合、気安く触れるような立場ではなかったですが、あれで結構、寂しがり屋の皇太后でした。
カリカリを一粒づつ投げて、空中キャッチして遊ぶのも、彼女が初代です。(って、他に出来るのは空だけですけど)
両親が入院して、彼女と、ふたりで暮らした期間が半年くらいあります。気持ち良さそうにされるんで、調子に乗ってゴムブラシしてたら、禿げるほどブラシし過ぎちゃったり、外で物音がしたら、ミュアキャットみたいに立って考え込んだり、帰宅したら、お腹を出して甘えたり・・・そんな皇太后もいたんですよ!!!
まあ、一枚目の写真は、仔猫の空を連れて帰った時、うつぼのように椅子の下に引っ込んで、めちゃくちゃ威嚇してる写真ですけど・・・

2010.11.14(Sun) 23:50 | URL | EDIT

只野緑 #-

flanmamaさま

うちで生まれたシャムMIXのリンリンさん、ミンミンさんが他界した後、数年して、たまにうちの温水器の上で昼寝していた近所の赤トラさんが引っ越しでいなくなった時、母が「長毛種なら大人しいというし、あんたが買って来るなら飼ってもいい」と言われたのが、アメショー全盛期。
ただひとり、売れ残っていた瑠璃さんを、当猫の「抱かれたくないわ」という拒否を「そう言わずに」と連れ帰りました。その後、緑の独立や、良心の入院、父の他界など色々な環境の変化を乗り越えて、最期は母に付き添っていてくれた瑠璃さんです。

いつか、皆、一緒になれる日が来ますよね。
家族皆が、彼女には頭が上がらないと思いますが・・・
16歳でのお別れは早すぎますね。伺っていても辛いです。美しい方だったのでしょうね。

2010.11.14(Sun) 23:59 | URL | EDIT

Peko #-

ご冥福、お祈りします。

瑠璃皇太后はいつも気高く、美しく、憧れの猫さんでした。人間で言うと、100歳近いのでしょうか。どうか安らかに、休んでくださいね。そして、緑ママや青ちゃん、空ちゃん、ムーン君を見守ってね。

2010.11.15(Mon) 00:00 | URL | EDIT

只野緑 #-

Peko さま

有難うございます。
瑠璃さまに見守って貰っていると、きっとムーンも、ちょっとは緊張感で悪さが収まら・・・ないでしょうね・・・
「仲良くして下さい~」と何度言っても「しゃああああっ」としか言って貰えなかった空が、我が家の皇太后の座を継ぐべく?彼女なりに頑張って?います。

純血種は弱いなんてジンクス、ものともしない皇太后でした。種なんて関係なく、皆さんのにゃんこさん達全員に、長生きオーラを送ってくれると思っています。

2010.11.15(Mon) 00:31 | URL | EDIT

ひめ #-

ご冥福をお祈りいたします。

瑠璃皇太后様…気高く美しく、慈愛深い猫さん。
19歳…大往生とまではいかなくとも長生きではありますが、どんな時でもお別れは辛いですね。
心中お察しします。

空皇女が後を継いで、美しく賢く優しい猫さんです。
ドタバタの男性陣を引っ張っていってるのをお空の上から見守ってくれるんですよね。
ゆっくりと…おやすみください。

2010.11.15(Mon) 02:18 | URL | EDIT

只野緑 #-

ひめさま

有難うございます。空皇女がんばります。
瑠璃さんには、沢山不自由をかけました。
空・青・ムーンは、いい生活とまではいかなくとも、3にゃん揃ってゆるゆる生活して貰えるように頑張ります。

2010.11.15(Mon) 11:46 | URL | EDIT

ド奈 #-

瑠璃皇太后 亡くなられたんですね
…>_<…

きっと 天国で みんなの事を 暖かく 見守ってくれてると 思いますよ

小さな命だけど 大きな 存在ですよね

これからも ずっと 忘れないであげて下さいね

瑠璃皇太后の ご冥福を 心より お祈りいたします。

2010.11.16(Tue) 20:42 | URL | EDIT

只野緑 #-

ド奈 さま

有難うございます。
関わった命の、ひとつとして忘れられる相手はいないですね・・・記憶が鮮明な事に驚きます。(案外、自分のことの方が忘れてるかも)
ブログを始めたのが今年で、皇太后は、既に新しい写真をアップする機会は少なかったですが、それでも皆さんに覚えて頂けていた、幸せな面もあった晩年だと思います。
皇太后にしてあげられなかった事も沢山あります。
空・青・ムーン・・・どこまで出来るか解りませんが、彼ら家族にも、出来るだけの事をしていきますね。

2010.11.16(Tue) 23:57 | URL | EDIT

ありママ #-

聞いてはいたけど・・・

改めて、ブログにアップされてしまうと、
また、涙しちゃいます。。。。。
で、コメできずにいました><

うん、瑠璃ちゃん、今頃、ありさと会えたかな?
きっと、気が合うと思うにゃ^^

2010.11.18(Thu) 11:51 | URL | EDIT

只野緑 #-

強力なペア・・・

ありママ、有難う・・・あちら側に、ものすごい強力なペアが誕生したような気が・・・

本意でない形で、短い期間しか一緒に住めなかった皇太后。でも、想い出はいっぱいくれました。というか、自分の中で、「過去」でもないんですが。
彼女の気丈さを、少しは見習って生きないといけない緑です。

2010.11.18(Thu) 13:36 | URL | EDIT

まゆまゆ #-

皇太后・・・

瑠璃皇太后御逝去・・・><
心からご冥福をお祈りします。

気高くてでも甘えん坊・・・猫の中の猫だったんですね!
もうお空についた頃ですかね?
お空でさらに神々しくなって、みんなを見守ってくれていますね、きっと・・・

2010.11.18(Thu) 23:59 | URL | EDIT

只野緑 #-

まゆまゆ~

皇太后、菩薩という穏やかさでも、観音というスレンダーさでもないけど、きっと蓮の葉の上で爆睡して、元気になった足腰・目で極楽生活をエンジョイしてくれていると思います。
逆に、足腰目に来ている緑ですが、あちらの家族の
「見守り」の中、びとぼちとこっちでの「お母さん」業を続けますね。

2010.11.19(Fri) 10:35 | URL | EDIT

#

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010.11.21(Sun) 05:43 | | EDIT

只野緑 #-

No:5072 さま

暖かいお言葉、有難うございます。
広範囲な意味で。印象深い皇太后。
実家に彼女が居ないのに、まだまだ馴れないです。
本当に長い間、凛として生き抜いてくれました。
アナログ時代の写真が多いので、なかなかアップが難しいんですけど、何かの折には、瑠璃さんもアップしていきたいです。

2010.11.22(Mon) 02:29 | URL | EDIT

PageTop↑

コメントの投稿


プロフィール

只野 緑

Author:只野 緑
発信地:広島
3にゃん(空・青・ムーン)が、
お互いのシニア・アダルト・幼児食を互い違いに欲しがる我が家です☆

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。